スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本和装ワンモア教室 10回目 きものセミナー

2006年12月17日 23:38

日本和装ワンモア教室 10回目 きものセミナーに行ってきました。
今回のセミナーはとても楽しくて勉強になるものでした。

行ってきたのは芝孫さんという問屋さんで
悠仁親王の産着など皇室に納めているものも多く
白生地を自社生産し染めも自社でも行い色無地は自身があります。
という会社でした。
絞りの着物も多く扱っていて、手仕事の絞りがどれほど大変なものか
理解するため絞り染め体験もさせてもらいました。

午前中はまず絞り染め体験で絹布をそれぞれ1枚もらい
説明してもらいながら糸でぐるぐる巻きにして
染めのプロの方に実際に使っている染料で染めてもらいました。
ぐつぐつ煮て染めて乾かすので出来上がりはセミナーの終盤で。
絞り染め体験なんて初めてだったのでどんな出来上がりになるのか
想像がつかずとてもワクワクして出来上がりを待ちました。
今回は体験なのでちょっとだけでしたが総絞りの着物
基本的に技法は同じで1着作るには気の遠くなるような作業が必要とのこと。
総絞りの着物を国内で作ると人件費が掛かってしまうので
単色で染めるものは中国で生産しているそうです。

その後総絞り用の反物を絞り終わった状態のものや
帯や着物、江戸小紋の伊勢型などを見せてもらいながらの説明。
日本和装のセミナーは悪い評判クレームもあるようですが
毎回セミナーでものすごく手の込んだ高価なものとか
作っている途中のものとかを見せてもらい説明を聞けるのは
すごくいい体験だなと思っています。
しかも今回は絞り染め体験まで。

お昼にはセミナー恒例の松花堂弁当。
毎回違うお店のもののようですがかなり豪華なおいしいお弁当です。

そして午後は気に入ったものを選んでコーディネートしてください
という販促会。と思っていましたが
今回は問屋なので小売はしないけれどせっかく来たのだから
気に入ったのがあれば譲ってもいいですというスタンスです。
ということで本当に殆んど薦められることもなく
先生には話しかけられることさえなかったので気楽でした。
せっかくの機会だからと数百万円もするような高価なものを
見ていると「着てみるか?」と言って
明らかに買えない高価なものばかりたくさん羽織らせてもらいました。

20万円~35万円の着物、帯、長襦袢のセットでこれはかなりお値打ち?
というものもありましたが、
いくらお値打ちと言われても充分に高価なものだと思うし
今年は既にレギュラーコースのセミナーで着物と帯を買っていて
ある程度高価なものはゆっくり揃えていきたいので何も買わず。
今回のセミナーは都合が悪かった方が多く参加者は5人だけでしたが
そのうち2人がコートを買っていました。

価格については大体の商品は特別安いとは感じず普通の小売としての適正価格くらいに思えました。中にはセット商品のように安いと思うものもありましたが百貨店でもセールとして値を下げているものがあることを考えれば同じくらいと思っていい気がします。(あくまで目の肥えていない者の個人的な感想です)
もし百貨店価格と変わらないのであれば着付け教室とセミナーが付いているだけ
三越や高島屋でお買い物している人にはお得と思いますが、
セミナーに参加する時期や行くお店が選べないのが難点。
着物を買いたいと思ったときに欲しいものと予算にあった物のあるところに行けるといいんですけれどね。高価なものだけにタイミングは重要と思います。


最後に染め上がったものの絞りをそれぞれ解き
ちゃんと絞り染めができた~!と感動。
楽しかったので家でもやってみようかと思います。
紅茶とかたまねぎの皮とかでも染まるそうなので。

そして注文された分しか作っていないという
こんなおいしいどら焼きは初めてというようなどら焼きを頂いて解散。

今日は本当に楽しいセミナーでした。
(購入者が少ないのは日本和装には問題だと思いますが・・・。)
スポンサーサイト

日本和装ワンモア教室 9回目

2006年12月05日 23:43

日本和装ワンモア教室 9回目を受講してきました。

まず、このブログの内容を先生に知られておりました。
日本和装の社員より連絡されたそうです。
まぁIPO時の目論見書でも「風評のリスクについて」で
クレーム情報の収集体制の整備をしているとありますので
日本和装」「クレーム」などでブログ検索は当然のことでしょう。

でもここはふてぶてしく気にせず受講し続けることに。
(やな生徒ですね)

今回は前回、前々回同様に袋帯の結び方とコートについての解説。

衿の部分が四角く開いている道行は礼装用、着物の衿のようになっている道中着はカジュアル用となっているそうです。
道中着でも見た目に豪華なものは礼装用も可とのことです。

礼装をする場合は披露宴とかパーティーくらいしかなさそうだし
その場合は室内でコートは脱ぐことを考えると
コートを着て外を歩く機会があるのはカジュアルなときくらい、
買うなら道中着かなと思いました。

コートは塵除けや人込みで着物を汚さないためにも
外出時は着ることをお勧めとのことです。
レギュラーコースの先生も夏でも透ける生地のコートを着ていました。
一度電車でガムの上に座ってしまって着物をダメにしてから
絶対コートを着るようにしたそうです。

そして前回の記事を見たせいか
今回は非常に丁寧にわかりやすく
袋帯の結び方を教えていただき
大変よくわかりました。
ありがとうございました。

日本和装 無料着付け教室 レギュラーコース

2006年11月08日 01:43

日本和装無料着付け教室をきっかけに着物に興味を持つようになり
さらにワンモア教室に通っていますが
最初のレギュラーコースがどのようなものだったかを
思い出して書いてみたいと思います。

1回目 教室の説明と必要なものの確認&自己紹介
日本和装の事務局の担当者から教室が提携しているメーカー等の
着物や帯を販売する利益により運営されているため
講習中に2回あるセミナー(販促会)には参加必須であること
途中で辞められると教室の存続にもかかわり他の人に迷惑がかかるので
続けられそうもない場合は今辞退してくださいという説明。
販促目的と最初から説明されたのでかえって安心できました。
みながバラバラな道具を使うと教えづらいので最低限これとこれは
揃えてくださいと小物の発注書を渡されました。
特に高いわけでもないので揃えることに抵抗は感じませんでした。


2回目名古屋帯の結び方
長襦袢の着方、紬の着物の着方、名古屋帯の結び方、着物のたたみ方を一通り習う。
先生は優しく、とても丁寧に教えてくださいました。
教室に通うまで長襦袢の存在すら知らなかったけれど何とかやっていけそうとちょっと安心。


3回目名古屋帯の結び方(ポイント柄の結び方)
ほぼ2回目の復習。
1週間たつと結構忘れていたりするのでこの復習で名古屋帯の結び方を大体覚えられました。


4回目 帯セミナー
日本和装の研修センターで10時~16時まで
川瀬満(みつる帯)の方が来て帯を作る工程を説明し材料となる和紙に金箔やプラチナ箔を張ったものや脱色前の生糸、帯のデザイン画などを見せてもらい、何本か帯を広げて拡大鏡で見ながら織り方などの説明。
詳しく説明してもらえる機会はあまりないと思うのでなかなか良い体験でした。
その後会場でお弁当。
午後はコーディネートの勉強ということでそれぞれ気に入った帯を選び
何色か用意してある着物の反物を体に巻いて帯を合わせてみる。
この間は日本和装の社員、メーカーの方、先生が着物の販売員となります。
私はもともと自分の着物も帯も持っていなかったため1通り揃えようと思い最初から買うつもりでいたので特に無理に薦められたという気はしませんでしたが、日本和装の社員、メーカーの方はちょっと押しの強い販売員という程度に頑張って売ってました。
ただ帯セミナーだと1つのメーカーの商品しか見られないのでもっといろいろなメーカーのものを見て決めたかったなぁと後から思いました。
教室により来るメーカーが違うようです。


5回目~7回目 柔らかものの着方と名古屋帯の結び方
小紋など染めの着物(柔らかもの)の着物の着方と名古屋帯の復習。
何回か同じことを教えてもらえるのでちゃんと覚えられて良かった。
ずっと小紋と名古屋帯でしたが毎回きれいに着るためのコツや着物に関するいろいろな話を教えてもらいました。


8回目~9回目 留袖の着方(重ね襟)と袋帯の結び方
留袖はほとんどの人が持っていないため留袖とはどういうものかという説明がされ、実際には小紋や訪問着など前回まで同様にそれぞれが持ってきている柔らか物の着物に重ね襟をつけて袋帯の結び方を習いました。


10回目 良質な着物を学ぶセミナー
人形町の研修センターで10時~16時まで
ウライという問屋さんがきてどういう着物が高級なものかとか、江戸小紋は1着あればカジュアルから礼装まで着られとにかく便利という話。
「なにはなくとも江戸小紋」と何度となく唱えさせられました。。
お弁当のあとコーディネートの時間へ
日本和装社員と問屋さんは一生懸命販売活動。
ここでも私は最初から着物を1着買おうと思っていたためそれほど強引な販売活動と感じることもなく江戸小紋を購入。
ただ後日この江戸小紋の染め元を見学し同じ値段くらいで色は好きな色に染めてもらえるようだったので、セミナー会場の品数の少ない中から選んでしまったことにちょっと後悔しています。
紹介される商品も帯セミナーのときは30万円台中心で25万~60万くらいの商品が出ていたけれど、今回のセミナーでは長襦袢、着物、帯が仕立て代含めてセットで20万弱のものからあり、それでも日本和装が勧める安心できる商品と謳われます。
20万のセットの江戸小紋にしておけばとっくにローンが終わってるのに・・・と今思ってます。


11回目 留袖の着方(重ね襟)と袋帯の結び方
前回の復習。


12回目 学科テスト、実技テスト
簡単な学科テストと着物を20分で着る実技テスト
特に不合格になることはないようです。


13回目 半幅帯
本当は半幅帯はもっと前の回でやるはずでしたが
浴衣の季節にあわせて最後に習いました。
基本の文庫結びとアレンジしたもの、貝の口、片流しを習いました。


修了式
ホテルでフルコースランチ。
提携メーカーや問屋さんが来てのスピーチと
ベストコーディネート賞の審査のため教室ごとに台上に上がりポーズ。
ただし、この賞はセミナーでの購入額で決まるという噂があり確かにそんな感じもなきにしもあらず。。。
最後に大じゃんけん大会。
提携メーカーから豪華な賞品がだされかなり白熱。


セミナーで監禁状態で強引に売りつけられたというクレームが日本和装にきているという噂もあるようですが、強引といえば強引な気もするけれど断れないわけでもないので、ちょっと大げさで誹謗中傷に近いかなと・・・
まぁこういうのは人それぞれ感じ方が違いますので。。。
私自身はいろいろと話が聞けて楽しいのでまた機会があればセミナーに参加したいと思っています。

先生も良い人でしたし、教室に通っている人たちとも仲良くなれたし、
着物も着られるようになったので通ってよかったと思ってます。

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。