スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都きものプラザ「大B反市」

2007年01月12日 11:00

京都きものプラザ「大B反市」に行ってきました。
今までは着物に縁も興味もなく
着物の一般的な価格や
どのような商品があるかなどよくわからないので
とにかくたくさん見てみたいと思い
いろんなお店を回ったり
着物関連イベントに頻繁に出かけています。
見るだけと思って出かけてもついつい買ってしまったりするのですが・・・。

行くとまず記名をしてお店の方が商品についての説明をしてくれて
その後はずっとついて案内をしてくれます。
このB反市はB反あり、正反ありで値札の色でB反なのか正反なのか
すぐに見分けられるようになっています。
B反のものだとかなり安くどこが悪くてB反になっているのか聞いて
その箇所を見ても八掛の染めとびとか分からないくらいの織り傷とか
絣の模様ずれ程度でこの程度のことで安くなっているなら
お買い得だなと思ってしまいます。

今すぐではないけれどいずれは大島紬が欲しいので
大島紬が見たいと言うと
大島は特別だから箱に入っているとのことで
箱から出して一通り見せてもらうと
隠してあるだけあってそれなりのお値段でした。
見るだけ・・・と思っていると
B反のところにアンサンブルで格安のがあったので
欲しい物リストに入っていなかったチェック柄ですがついつい買ってしまいました。
柄出しの簡単な縞大島なのでもともとそんなには高くないと説明してくれましたが
つるつるした肌触りと光沢は経緯絣のものと変わらないかと思って・・・。

大島紬アンサンブル反物

でも仕立ててもらうとプラス5万以上するそうなので
ここは思い切って本を見て自分でと思い反物だけ買ってきました。

この紬に合いそうな帯も気に入ったものがあったので一緒に買ってしまいました。
帯は芯を入れてかがればいいだけだから自分でやればいいわよと言って
案内してくれた女性に芯の入れ方を教えてもらい帰ってから
自分で仕立ててみました。
紬の帯
写真だと皺になってますが着た後に半分に折った手の方を上にして
写真を撮ったためで一応ちゃんとできてます。

最初はずっとお店の人につかれるのは嫌だなと思いましたが
強引に勧めたりすることはなく
帯の仕立て方も丁寧に教えてくれて
全く買う気のない絞りの訪問着も着付けてもらって楽しかったです。

この絞りの訪問着は絞りの柄がちょっとずれているからという理由で
B反になってましたが、どこがずれているのか見分けられず
値段は11万くらい。
すご~く素敵な柄でかなり気に入ってたので
強めに勧められていたらやばかったかもしれません。。。

帰りに着物の作り方の本を買って帰ってきました。


大島紬の反物はすごく安いと思って買っちゃいましたが
帰ってから調べてみると
縞大島はネットで同じくらいの値段で売られていました。
お店でもこれは縞大島だからもともと高くないと説明してくれていましたが
ちょっとなんだ~と思ってしまいました。
大島紬も経緯絣の高級大島紬と緯絣、縞大島と種類があり
値段も全然違うようです。
縞大島ならこの格子柄のように柄で見分け易いですが
緯絣はちゃんと見ないと間違えそうなので
経緯絣の高級大島と思って買ったら緯絣だったなんてことのないように
買うときはちゃんと聞いてみたほうがよさそうですね。

ネットでも手ごろな価格で同じような物を売ってます。
31290円 →商品詳細



26600円 → 商品詳細

スポンサーサイト

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。