スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の着物

2006年11月11日 23:29

この間秋の新作展示会に行った日本橋の問屋さんに頼んでいた男物の着物が入ったと連絡があったので夫を連れて行ってきました。

紬のアンサンブルと長襦袢角帯を仕立て代込みで予算10万で(ちょっと安すぎ?)とお願いしていたのですが、いくつか見せてもらっているとやっぱり良いものが欲しくなってしまうんですよね。
結局、伝統産業マーク付き百亀甲の大島紬にしました。予算はかなりオーバーしましたがこのお値段で買えるなら絶対こっち!というくらいの料金でした。
男物の紬いろいろ 手書きの羽裏

羽裏は手書きのものでこれなら落ち着きがあって年取ってもずっと着られるよというものを選び、裏地も紬が紺なので裏も紺が一般的だけどこんな色もお洒落だよというグレー掛かった薄い緑のものにして、半襟も黒の鮫小紋のものに。
角帯は紺の手織りのもので高価なものだけど結ぶと見えなくなる部分にちょっと日焼けができてしまったのでということで割り引いてもらいました。
最初の着物だし低料金で無難な紬のアンサンブルをと思っていましたが、なんだか人に自慢できるくらいのお洒落な一生ものの着物になりそうで、夫もご満悦。

他にも深みがあって豪華な振袖と着物の反物と帯が数点飾ってありました。大体1ヶ月くらいの間には売れて商品が入れ替わるそうです。
豪華な振袖 反物と帯


着物の反物を切って半襟したものを見せてもらっているときに「いいなぁこれ」と言っていたら「あげるよ。」ということでちゃっかりもらってしまいました。これは私用です。
江戸小紋の半襟


採寸してお店を後に。
仕立て上がるのが楽しみです。
スポンサーサイト

半襟

2006年11月07日 00:05

最近ポリの刺繍半襟をいくつか買いました。  → 半襟のつけ方はこちら

以前は半襟も絹じゃないといけないかなぁとなんとなく思っていて、
絹で刺繍のものだと8000~20000円くらいしてしまうので
刺繍半襟は可愛いけど我慢してました。

でも、この間着付け教室で先生が
半襟の色を変えるだけで着物の雰囲気が変わるから便利よ。
ポリのなんて安いから10色揃えても1万もしないでしょ。
いくつか持ってるといいわよ~。」
と言うのを聞いて、
これってポリでも全然OKってことよね。と思い
ポリの安くて可愛い半襟を買うようになりました。

そしてポリの2部式襦袢だにポリの半襟をつけて
着るたびに洗濯機で他の洗濯物と一緒にじゃぶじゃぶ洗ってます。
こうすると面倒な半襟付けもしなくて良いので楽チンです。
でも、せっかく買った半襟をいろいろつけるにはやっぱり半襟付けは必要なんですけどね。。。


ポリの半襟いろいろ
700円
洗える刺繍半衿ポリエステル100% 洗える刺繍半衿ポリエステル100%  sha16と同じ色です 洗える刺繍半衿ポリエステル100% 洗える刺繍半衿ポリエステル100% 洗える刺繍半衿ポリエステル100%

819円
さあ♪衿元でおしゃれ度UP!★色半衿 (黄土色) さあ♪衿元でおしゃれ度UP!★色半衿 (黒) さあ♪衿元でおしゃれ度UP!★色半衿 (紫系) さあ♪衿元でおしゃれ度UP!★色半衿 (オレンジ&グリーン) さあ♪衿元でおしゃれ度UP!★色半衿 (黄色)

262円
洗える縮緬無地の半襟-No.022 洗える縮緬無地の半襟-No.021 洗える縮緬無地の半襟-No.011 洗える縮緬無地の半襟-No.013 洗える縮緬無地の半襟-No.023 洗える縮緬無地の半襟-No.012 洗える縮緬無地の半襟-No.032 

神楽坂きものフリマ

2006年11月03日 22:28

神楽坂きものフリマに行ってきました。
当日は神楽坂で別のイベントもあったため会場の赤城神社もいつもより人が多いようでした。
赤城神社  着物姿の人々

着物で着ている方も多くてコーディネートが気になるのでチラチラと横見。

昼ごろフリーマーケット会場に着くと混雑のため入場制限されていて商品がまだあるかなぁとちょっと心配。
中に入ると会場は20畳くらいの部屋でものすごい人!
人ごみを掻き分け着物や帯を物色。

まずは洋服姿もおしゃれで可愛らしいお姉さんのお店で正絹のとポリの半襟を合わせて1000円で購入。の胴裏に結構染みがあるけど超お買い得でしょう。
本当は小紋が1000円、半襟が200円だったのを2つで1000円にしてもらいました。お姉さんありがとう。
フリーマーケットのお店 薄紫のポリエステル半襟 紬の着物 


次に着物姿がばっちりのお姉さまのお店で正絹の小紋着物を7000円、オレンジの正絹の名古屋帯を2500円で購入。小紋はこのお店では「これだけ特別でちょっと高くて7000円にしてあるのよ。」とのことですが染みひとつなく新品同様なので迷わず購入決定!
フリーマーケットのお店 小紋の着物 オレンジの名古屋帯
「帯もたくさん持ってきたけどあっという間にほとんど売れちゃったのよ~。」とのこと。もっと早く来ればよかった。。。


最後に出入り口付近のお店で麻の名古屋帯を2000円で購入。
なかなか可愛いでしょう。(この帯は後日麻ではないということがわかりました)
ベージュの普段着用名古屋帯


フリーマケットなので安いだろうと思ってきたけれどこんなに安いとは!着物も帯も1000~4000円くらいでいっぱいありました。


家に帰ってから早速着てみました。
この組み合わせは結構いいと思うんだけどどうでしょうか?
小紋は義母も「あらっ、いいわね。私にもぴったり」とお気に入りのよう。いつでもお貸ししますのでお出かけしましょう。
小紋の着物とオレンジの名古屋帯  小紋の着物とオレンジの名古屋帯
おはしょりが汚くなってしまった。。。

の着物にオレンジの名古屋帯を合わせてみました。
このにこの帯は合わないかな?
ご意見聞かせてください。
紬の着物とオレンジの名古屋帯  紬の着物とオレンジの名古屋帯
この紬は小さいので長襦袢がはみ出してしまいました。着るときは長襦袢の袖をちょっと縫いとめてつめればいいかしら?
混んでいたので一通り見てすぐ出てきちゃったけど、せっかくだからこの紬にあう帯をもっと一所懸命探せばよかった。。。
どんな帯が合うと思いますか?

紬に麻の帯をしてみました。
この組み合わせはなかなか良いと思うんだけど、麻の帯なので季節が合わなくて残念。。。
後日この帯が夏用でなく夏以外用の帯ということがわかりました。この紬に合わせられて良かった。
紬の着物と麻の名古屋帯  紬の着物と麻の名古屋帯

フリーマーケットといっても未使用のものもあるし、リサイクル品でも新品同様にきれいなものもあり、何しろ格安!
多少染みや汚れがあるようなものはこれでもかっと言うくらい安いのでたくさん売れているようでした。
とってもお得な買い物もできたし、楽しかったので来年もあったらまた行こうと思います。
今度はもちろん朝一に!


半襟のつけ方

2006年10月22日 22:37

着付け教室で習った半襟のつけ方です。

半襟のつけ方1
まず最初に端を1cmくらい追って縫っておき、片側の端を内側に1cmから1.5cm折ってアイロンをかける。


半襟のつけ方2長襦袢の表に中心と折ったほうの端を襟の端に合わせて待ち針でとめる。

半襟のつけ方3全部待ち針でとめて糸の長さを全体分の長さよりちょっと長めに用意する。


半襟のつけ方4縫う時はひざで踏んで引っ張りながらたるまないようにして縫う。


半襟のつけ方5長めの針で針の端を持ち指から針が出ている部分を糸の出ている部分にあわせ並縫いをしていく。こうして針の長さ分進んでいくと同じ幅で縫える。


半襟のつけ方6表側を縫い終わったところ。大体同じ幅で。


半襟のつけ方7内側、長襦袢の裏側に半襟を襟の端ぴったりに折り返し、端を内側におりこみ長襦袢の襟の線より少しだけ内側に止める。
長襦袢の力布のあたりまで同じように折り返し左右に引っ張り気味にとめる。引っ張らずにとめると丸めたときに内側の円のほうが外側の円より小さくなり内側にしわがよってしまうため。



力布から力布の間は内側が見える部分なので丁寧にすくって縫っていく。
長襦袢と半襟の糸口がずれないように1目ずつ針を入れていく。
頑丈につける必要はないので布を1枚すくって縫えばよい。
半襟のつけ方8半襟のつけ方9



半襟のつけ方10残りの部分は襟芯を入れて襟芯の幅で縫っていくと襟がずれなくなる。縫い方は表側と同じように並縫いで。


半襟のつけ方11完成。
内側を引っ張ってとめたため丸めてもしわがよらずきれいにできました。



お裁縫が嫌いで針に糸を通すのも面倒という方にお勧め。
糸通し器に針をセットしてレバーを押すだけでループ状に糸が通ります。
これで半襟付けのストレスもちょっとは軽減?
糸通し器
→詳細はこちら


ブログを書き始めるときにhowtoものをたくさんアップして
このブログを見れば着物が着られちゃうというのを目指していましたが、
いざ作ろうと思うと写真と文章で説明するのは結構難しく、
とりあえず半襟のつけ方でもと思って作ってみました。
わかりやすいものになっているでしょうか?
ご覧いただいてここがわかりにくいとかもっとこうしたほうが等コメントいただけましたら幸いでございます。

日本和装ワンモア教室2回目

2006年10月10日 00:27

日本和装ワンモア教室2回目に参加してきました。

今日は半襟の付け方で
長襦袢と裁縫道具を持ってみんなでチクチク。

今までとりあえず付いてればいいだろうと
大きな並み縫いでザクザク塗ってましたが
ちょっとしたコツと手間で
ずいぶん着姿がきれいになるようです。

コツはとにかくたるませない。
そして内円になる内側はちょっと左右に引張り気味にして
外円となる外側とカーブになったときの差を持たせること。
内側の力布から力布の間の部分を細かくすくって縫う手間を惜しまないこと。

さすがに先生は説明しながらものすごい速さで縫ってたけど
自分でやって見ると半襟付けるのに約1時間。
こんなにかかってると着るのもやになりそう。。。

半襟の付け方はこちら

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。