スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人形町の問屋さんで単衣用鬼紬を買う

2007年01月27日 21:56

人形町問屋さんで初売り市を開くということなので行ってきました。

まだ単衣着物を持っていないので(練習用に買ったポリ着物はあるけれど)
単衣用に良い物があればと思って着物友達を誘って行ってきました。

前から白大島で単衣が欲しかったのですが
単衣を作るならしゃりしゃりした感じで涼しい塩沢が良いと
先生に教わり、今日の問屋さんでも単衣なら塩沢と勧められ
白大島以外にも目を向け塩沢をチェックしてみました。
白っぽい色が良かったのですが今日は色の濃いものだけで
3月になれば単衣用に白っぽい物が出てくるとのこと。
そうか3月か・・・と思って他の物もみていると
ぱっと見に白大島っぽいが。
柄も気に入って単衣にも良いということだし
お値段も手ごろなのでこの鬼の反物で単衣を作ることにしました。
紬の反物

でとても丈夫と説明されましたが
?? と思いつつ詳しく聞くのを忘れました。
でも帰ってネットで調べると写真にも写っているように
玉糸(双子の蚕から取った糸)で作る紬のようです。
これって牛首紬と同じってこと?

あとはB反市で買った縞大島を自分で仕立てると決心したため
縞大島用に胴裏を買ってきました。
準備が整ってきたので本当に仕立てなければ。。。

店内には所狭しと反物が飾ってあり
写真の左端のほうにある地空きの大島も好みです。
人形町の問屋さん店内 人形町の問屋さん店内


いろいろ見せてもらいお茶とお菓子をご馳走になってお店を後に。
近くの洋食屋芳味亭でカニクリームコロッケと
エビフライ、ハンバーグの乗ったランチを食べてきました。
人形町の洋食屋さん
目玉焼きに隠れて見えませんが
極厚のハンバーグが隠れています。
情緒あふれる日本家屋でのランチはとても美味しくて大満足でした。

その後近くのリサイクル着物店を見てきました。
とても親切な店主さんで毎月無料プチ和裁教室を開催しているそうで
早速2月の教室に申込をしてきました。
お店の紹介とプチ和裁教室のレポートは後日。

スポンサーサイト

日本橋の問屋さん

2006年10月21日 22:36

日本橋にある問屋さんに行ってきました。

初めて行く問屋さんでしたが
今はちょっと買うのは厳しいので見るだけでもいいですか?
と恐る恐る入っていくと
「どうぞどうぞ、いろいろ広げて見て下さい。」と優しいお言葉。

これは全体が仙頭(すわとう)刺繍のような地にさらに刺繍のしてあるとても豪華な帯
obi_swato.jpg


入って最初に目に入ったのが緑の相良刺繍の袋帯。
くるくると丸まった感じの刺繍で、写真を撮ったつもりでしたが
失敗して撮れてなかったので載せられないのが残念ですが
すごく可愛いい帯でした。
ほかにも紅型とか黒革の手帳で米倉涼子が着ていたという辻が花とか
いろいろと写真を撮ったつもりだったのですがなぜかカメラに残っていたのがこの2枚だけ。。。

これは珍しい柄のでかなりおしゃれっぽい感じ
tsumugi_inka.jpg


お正月に夫婦で着物で出かけたいので夫の着物を一そろい誂えたいと
相談すると予算内で良いものがあれば連絡してくるとのこと。

結局さんざんいろいろ広げて説明してもらい何も買わず
最後にお菓子までいただいてしまいました。
ありがとうございます。

対応もお値段もすごく良心的な問屋さんで
常連さんらしきお客さんもこちらは安心して作ってもらえるからいいわ。と仰ってました。
また夫の着物を見にいくのが楽しみです。


問屋さんを後に日本橋高島屋まで歩き呉服売り場へ
高島屋の呉服売り場も初めて行きましたが
すごーく売り場が広くて人も多くこんなに賑わってるデパートの呉服売り場があるなんて。
帯締めを作る実演をやっていてあんまり見事な手さばきだったので写真を取らせてもらいました。見ながらというよりもう手が動きを覚えているそうです。
kumihimojitsuen.jgp

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。