スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物の丸洗い

2006年12月03日 13:37

神楽坂きものフリマで買った紬を一度着てみたものの
結構古そうな着物で洗い出さないまま売ってますということだったので
やっぱりちょっと気になって丸洗いに出してみました。

千円で買った紬だったので丸洗いにお金かけるのもなぁと思い
友人に教えてもらった1000円/1kgと格安で丸洗いしてくれるという
京都の奥津徹さんのお店に出してみることにしました。

ネットでこのお店を調べてみると特に連絡せずに
手紙をいれて着物を送ればOKと書いてあったので
袷の着物1枚洗濯してくださいと書いた手紙と
こちらの住所、連絡先を書いて郵パックで送りました。
23日に送って返ってきたのが12/2、約1週間掛かりました。

仕上がりは着物洗濯に出したのが初めてだったので
良いのか悪いのかよくわかりませんが
ドライクリーニングの石油の臭いがちょっと残っているような
気がしますが特に縮んだり痛んだりはしていないようです。
丸洗いなので染み抜きはできないということでしたが
胴裏の染みが少し薄くなったような気がします。
着物の肌触りがさらっとするようになったので、
もしかして肌触りが変わるくらい汚れてたのかも。。。

今回料金は以下になりました。
支払いは一緒に送られてきた郵便振替用紙で1週間以内にとのことです。
送料:   900円
丸洗い1kg:1000円
返送料:  1000円
合計:  2900円

着物を送る前にこの袷の紬を量ってみると700gだったので
端数は繰上げのようです。
着物を送ったときの箱にそのまま入れて返送されてきたので、
送料を減らそうとあんまりぎゅうぎゅうに詰め込むと
返送されるときのにもぎっしり詰め込まれてしわになって
帰ってくるかもしれません。
送るときはちゃんと畳んでしわができないようにして
送ったほうが良いと思います。
溶剤・灯油の値上がりのため1/1から丸洗い代金が2000円/1kgに
値上がりするそうです。

今回は初めてだったので1枚だけ送りましたが、
何枚かまとめて送れば2倍に値上がりした2000円/1kgでも
かなり安いかなと思います。
呉服屋さん経由で袷の着物1枚6000円ということだったので
夏前に高い着物をこちらで洗ってみて仕上がりに差がないようだったら
今後はこの奥津徹さんの所に出すようにしようかと思います。

奥津徹さんのお店:
〒601-1314
京都市伏見区醍醐御陵西裏町29-10
奥津 徹
tel:075-571-4356
fax: 075-571-4450

スポンサーサイト

長襦袢の洗濯 洗ってみました

2006年11月10日 00:42

日本和装着付け教室で先生教えてもらった「ハイベックS」と「ハイベックE」を使って長襦袢を家で洗濯してみました。
→ 着付け教室での先生の話はこちら
ついでにカシミアの厚地のショールと薄地のショールも一緒に洗いました。

ハイベックS(スペッシャル)/ハイベックE(エマルジョン)
→ ハイベックの詳細、購入はこちら

長襦袢をネットに入れる

長襦袢をたたんでネットに入れて



↓↓↓
長襦袢を洗濯機で洗う

洗濯機にハイベックSを溶かし
ネットに入れた長襦袢とショールをそっと入れ、
15分洗濯機は回さずに漬け込み



↓↓↓
5秒脱水→すすぎを2回繰り返す
↓↓↓
長襦袢を干す

お風呂に長襦袢とショールを干す




結果は横幅は縮まなかったけれど縦は縮みました。
長襦袢を洗う前と後の計測結果


洗う前の長襦袢のアップ

こんな感じで図ったのできっちり正確な計測ではないけれど身丈が124cm→121cmで3cm。袖丈が48cm→46cmで2cm程縮みました。




洗濯後の長襦袢のアップ

洗ったあとはうろこ模様が洗う前よりも少し凸凹になりました。




一緒に洗ったカシミアのショール2枚はどちらとも縮むことなく仕上がりもふっくらしてかなり良い仕上がり。
先生曰く「1日漬け込んでおいても大丈夫よ」ということだったので今度白いものを洗うときは長く漬け込んでみようと思います。
カシミアの薄地ショール カシミアの厚地ショール


長襦袢は少し縮んだけれど毛羽立ったりはせず痛んだという感じはしませんでした。
もともと余裕を持って仕立ててあり、丈をもう少し長く縫い直すこともできるので、今シーズンはこのまま家で洗いながら着て、単の着物に変わるころに袖丈だけ長くしてくれるところを探そうかなぁと思います。
身丈はちょっとくらい縮んでも気にしない気にしない。

肌襦袢を着てタオルも巻いても結構汗をかき長襦袢もかなり汗を吸っているだろうと思うので、毎回洗えると気分すっきり。
長襦袢だけでも洗えると思うだけで着物も少し気軽な気がしてきます。

この間フリーマーケットで1000円で買った紬も洗ってみたくてうずうずしてるのですが、さすがに袷の着物は辞めといたほうがいいかな。。。

ムートンも洗えるということだったので去年買ったラビットファーのジャケットも洗えるかと思いメーカーに質問したら毛皮系はムートンだけでラビットはダメだそうです。残念。。。

スーツやコートも洗えるそうなので今度試してみます。洗ったら結果をアップしますね。

長襦袢の洗濯

2006年10月18日 12:29

昨日の着付け教室で先生が
長襦袢は全部自分で洗濯してます。
シルクやカシミヤのセーター、旦那のスーツやコートまで
全部ハイベック洗濯してもう何十年もクリーニング代を払ったことがない。」とのこと。

長襦袢を自分で洗えると便利で経済的と思って私も早速と思ったけど
長襦袢は仕立てる前に水に通してそれ以上縮まないようにしてから仕立てるそうです。
私のは普通にしたててもらった物なので・・・残念。
次に作るときは予め水に通すようにしてもらおう。
着物は専門の洗いに出してるそうです。)

本当にこれを使うとクリーニングに出すよりも
何度も同じ洗剤液を使ったりしないので
ずっときれいになるそうなので
普通の洋服で試してみようかな。

使ったことのある方は是非感想を聞かせてください。


【動画を掲載致しました】 ハイベック S(スペシャル) 【本体】 【ドライマークの洗剤】 (詳...
ハイベック S(スペシャル) 【本体】 【ドライマークの洗剤】  →詳細


【動画を掲載致しました】 ハイベック E(エマルジョン) 【本体】 【ドライマークの仕上剤】
ハイベック E(エマルジョン) 【本体】 【ドライマークの仕上剤】 →詳細

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。