スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本和装イベント染め体験

2008年03月20日 11:00

久しぶりに日本和装のイベントに参加しました。
いつもの販促会に染めの体験がセットになったもので
それぞれ1日づつ
墨流し
型染め
藍染
絞り
とありましたが墨流しと型染めの会に参加してきました。

墨流しの会は東急ハンズとかで売っているマーブリングの染料を
バットに水を張った中に筆でチョンチョンとつけ息を吹きかけたり竹串で水面をなぞったりして
気に入った模様になったところで上にハンカチをつけるだけ。
簡単にきれいなマーブル模様ができます。
墨流し体験
水面の模様は常に変化するので一瞬の美をとらえた正に1点ものですと売り込まれますが
着物の販促会では手書きだから世界に1つだけ、手作業での型染めだから1点ものと
1点ものというのがやけに強調されますがそれってそんなに重要なのか???

墨流し体験のときは10人位生徒さんがいたので体験と反物の説明を聞いてすぐに
時間がないと言って帰ってきました。


型染め体験では
型紙にする和紙は3枚合わせて柿渋でいぶしてあるとか
彫刻等のようなもので職人さんが1枚ずつ型紙を掘るとか
今までに何度も聞いてきた説明を聞き型紙と反物を見た後
自分が染めたい型紙(ちゃんと和紙で職人さんが掘った型紙)を選び
型紙の上から色糊をゴムベラで伸ばしていきます。
薄く均一に伸ばすのは結構難しく染料が回らなかった部分に伸ばしていこうと
ゴシゴシこすっているとボッテリと染料が乗ってしまい細かい部分がつぶれてしまいます。
型染め体験
型染めのときは私を含めて生徒さんが2人しかいなかったため
体験だけしてすぐ帰るというのは気がひけたので
3着だけ試着させてもらいました。
どちらにしても買う気はなかったので試着して手間をかける方がよほど迷惑な気もしますが・・・。
藍染の職人さんが来ていたのでこの方の染めたものを着ましたが
ちょっと試着しただけで手が青くなり天然の藍だから色が落ちるのよ~と
色が落ちるのが良いことのように言われますが
色は落ちない方がいいなぁ~と思ってしまいます。

3着だけ試着してもう充分ですともう1人の方をのこしてこの日も割と早く帰ってきました。
スポンサーサイト

屋形船 (日本和装無料着付け教室イベント)

2007年07月19日 21:46

日本和装のイベントの「キモノで屋形船」に参加しました。
台風が来ていたので中止になってしまうかもと思っていましたが
当日の7/16(月)には雨もやみ
楽しみにしていた初屋形船に乗ることができました。

参加条件が着物or浴衣着用ということなので
総勢50名くらいが浦安駅から屋形船の発着場まで歩いていると
たいていの人は振り返っていきます。
着物を着た50名が屋形船に乗船

屋形船には既に蟹とお刺身が並べられていて
久々の蟹だったので乗船直後はあまり話しもせずに黙々と食べてました。
お刺身もなかなかおいしかったです。
蟹 刺身

メインは揚げたての天ぷらだったのですが
写真を撮るのを忘れました。

屋形船は浦安からお台場に行くコースで
折り返し地点のお台場でしばらく停泊しデッキの上に出て
大写真撮影大会となりました。
近くに停まっていた屋形船には外国人観光客の多い船もあり
大勢で着物を着ているのが珍しいようで
遠くのほうからもフラッシュを浴びてました。
お台場でしばらく停泊

中央は先生で明石縮だそうです。
いつも素敵な着物をお召しで
私もと物欲を刺激されますがぐっとガマンです。。。

お台場からの帰り道で抽選会がありました。
今までにも何度か抽選会があり、日本和装の提携企業から
提供されたかなり豪華な賞品が当たるのですが、
やはり今回も私たちのグループは誰も当たらず。。。
毎度のごとく粗品をいただいてきました。

抽選会の後はカラオケ。
演歌を大熱唱する方もいらして盛り上がってました。
屋形船の中でカラオケ


カラオケでまだ歌いたいよ~という方を残し船を後に。
散々食べて苦しい~。と言っていたにもかかわらず
帰りにお茶してコーヒーゼリーを平らげてきました。
喫茶店で帰りに撮ったので既に着崩れていますが
この日はお正月の高島屋初売りセールで買った浴衣
半幅帯をついこの間習った文庫結びの変形のように結んでみました。
実は今妊娠6ヶ月ですが着物だとそんなにおなかが目立たない?
浴衣 浴衣


日本和装着付け教室 夏物セミナー

2007年04月23日 11:00

日本和装の夏物セミナーに行ってきました。

今回は場所が銀座で参加者は120名くらい。

いつものように最初に布を敷いてあるところに
反物を転がしちょっと説明。
30分くらい説明した後は
やはりいつものように販売会。

安い物ではないので全く買う気は無かったけれど
せっかくきたのだからと
ちょっと気に入った夏大島の反物を
巻いて仮着付けをしてもらいました。
セミナーで仮着付け

一緒に行った友人も買うほどは気に入らなかったり
値段が気に入らなかったりで販売会が始まってから
割とすぐに会場を出てしまいましたが
50~60代くらいの方が多くかなり盛り上がっている様子だったので
結構売れたのかもしれません。
やはり団塊世代はお金を持っているというのは本当なのでしょうか。
羨ましいです。

ところで次の段階の日本和装の資格受験は
夏物着物着用での受験が義務付けられているらしいです。
なんとか夏物を買わせようと必死なのでしょうか。

着付け教室(有料)ふくら雀アレンジ

2007年03月23日 11:00

今日は有料の着付け教室の第3回目。
前回教わったふくら雀を結んでみて
先生がチェックし、羽の片方をアレンジする方法を教わりました。

左が自分でアレンジしたもので、
右はそれを先生が手直しした物です。
自分で結んだふくら雀アレンジ 先生が直したふくら雀アレンジ
ヒダを均等にとったりゴムで根元の方を留めるのも
先生がやると簡単そうなのですが、
何気に難しく仕上がりにかなり差が出てきます。

これは帯締めを桜の形に結んだもので
外側の結び目を少し縮めて立てるようにすると梅になるので
季節に合わせて。ということです。
桜に結んだ帯締め


今回も和裁の教室と同時進行であわただしかったため
12時までのところ13時ごろまでいていいわよ。
ということでしたが、お腹が空いたので12時過ぎに教室を後に。

お昼を食べてから人形町で行われている
日本和装の夏物販売会に行き
帰りにいつものリサイクル着物屋さん下町おもしろ工芸館により
私にしては珍しく黒地の花柄の名古屋帯と
500円箱をあさりウールの着物を買ってきました。
う~ん。なんだか安いリサイクル着物ばかりが増えていく・・・。

最後にそういえばコーディネート写真とって無かったねということで
別れ際に荷物を抱えながら1枚。
着物友達hちゃんは無地の紬に花柄の名古屋帯、
黒地に刺繍の入った羽織のコーディネート。
h’sコーディネート

私はもう何回か登場しているいつもので。。。
myコーディネート

日本和装きもの一日大学 紬編

2007年03月10日 11:00

日本和装きもの一日大学編に参加してきました。
前回の京友禅の回の千葉会場は
私たちのグループ以外は洋服での参加でしたが
今回は着物の方も多く参加者も25人くらいで前回よりにぎわっていました。
日本和装きもの一日大学「紬編」きもの一日大学「御召編」のときと同じコーディネートですが
今回はちゃんと帯揚げを表裏間違えずにしてきました。
写真だとどちらでも分かりませんが・・・。
手のポーズは先日TVで観た体から少し離すを実践してみました。
手開いてるしおはしょりめくれてるけど・・・。


いつものように講義は30分程度だけですが
なかなかお店には置いていないを見ることができ
結城の糸をつむいでいる方が実演をして
実際に絹をわた状ににした真綿から糸を引き出して
唾液で固めて糸にするという貴重な体験をさせてもらいました。
おばあちゃん曰く
「大変だけどこのやり方で重要無形文化財指定をされてしまったから
変えられないのよねぇ。仕方ないね。」とのこと。

見せてもらった珍しいには
これはバリバリしてとても着られるような感じではなかったけど
最初に無形文化財指定をされた芭蕉布
というバナナの葉を繊維にして織った沖縄の紬。

薄くて軽くシャリシャリしている夏に気持ちよさそうな
最近は希少な反物となってしまった新潟の麻織物の越後上布。
などなどありました。

実際に販売している物は
牛首紬が豊富で38万円くらいで訪問着を売っていました。
そのほかにも大島紬の訪問着が15万円とか
帯も3万円くらいのものからあり
今までのセミナーと比べるとお買い得な感じ?
会計待ちができるほどたくさん売れていました。

ただいつもセミナーの時は
値札に6桁くらいの数字が書いてあり
その数字の端を無視して残った数字を2で割ってとか
読み方を教えてくれたのですが、
今回は1人の問屋の社員に聞かないと教えてくれない。
こちらはいろいろ見て値段感覚を養いたいのに
いちいち聞いて、しかも最初に言った価格から値切って、
やっと売値が分かるような仕組み。
これは結構うっとうしかったです。
問屋だからすぐにわかる値札がついていないのは仕方ない方思うけど
もうちょっとなんとか・・・。

でも高くて手が出ないような紬をいろいろ羽織ってみたり
今まで避けていた黒地の着物も着てみると意外といいかもと発見もあり
楽しませてもらいました。

もう春だからなのか単や薄物も多く
今までの袷中心の品揃えとはちょっと違って
シャリ感のある物や透けた感じのものなど
独特の風合いのものも多く夏物はさらにはまりそうです。。。

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。