スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本和装きもの一日大学 紬編

2007年03月10日 11:00

日本和装きもの一日大学編に参加してきました。
前回の京友禅の回の千葉会場は
私たちのグループ以外は洋服での参加でしたが
今回は着物の方も多く参加者も25人くらいで前回よりにぎわっていました。
日本和装きもの一日大学「紬編」きもの一日大学「御召編」のときと同じコーディネートですが
今回はちゃんと帯揚げを表裏間違えずにしてきました。
写真だとどちらでも分かりませんが・・・。
手のポーズは先日TVで観た体から少し離すを実践してみました。
手開いてるしおはしょりめくれてるけど・・・。


いつものように講義は30分程度だけですが
なかなかお店には置いていないを見ることができ
結城の糸をつむいでいる方が実演をして
実際に絹をわた状ににした真綿から糸を引き出して
唾液で固めて糸にするという貴重な体験をさせてもらいました。
おばあちゃん曰く
「大変だけどこのやり方で重要無形文化財指定をされてしまったから
変えられないのよねぇ。仕方ないね。」とのこと。

見せてもらった珍しいには
これはバリバリしてとても着られるような感じではなかったけど
最初に無形文化財指定をされた芭蕉布
というバナナの葉を繊維にして織った沖縄の紬。

薄くて軽くシャリシャリしている夏に気持ちよさそうな
最近は希少な反物となってしまった新潟の麻織物の越後上布。
などなどありました。

実際に販売している物は
牛首紬が豊富で38万円くらいで訪問着を売っていました。
そのほかにも大島紬の訪問着が15万円とか
帯も3万円くらいのものからあり
今までのセミナーと比べるとお買い得な感じ?
会計待ちができるほどたくさん売れていました。

ただいつもセミナーの時は
値札に6桁くらいの数字が書いてあり
その数字の端を無視して残った数字を2で割ってとか
読み方を教えてくれたのですが、
今回は1人の問屋の社員に聞かないと教えてくれない。
こちらはいろいろ見て値段感覚を養いたいのに
いちいち聞いて、しかも最初に言った価格から値切って、
やっと売値が分かるような仕組み。
これは結構うっとうしかったです。
問屋だからすぐにわかる値札がついていないのは仕方ない方思うけど
もうちょっとなんとか・・・。

でも高くて手が出ないような紬をいろいろ羽織ってみたり
今まで避けていた黒地の着物も着てみると意外といいかもと発見もあり
楽しませてもらいました。

もう春だからなのか単や薄物も多く
今までの袷中心の品揃えとはちょっと違って
シャリ感のある物や透けた感じのものなど
独特の風合いのものも多く夏物はさらにはまりそうです。。。
スポンサーサイト

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。