スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋扇 (復習)

2008年03月30日 22:05

今回の着付け教室は前回習った緋扇の復習です。

記憶をたどりながら自分で結んでみましたが合格点はもらえず。
最近の帯は長めだし、練習で使用しているボディーは同周りが74cmあるので
実際に人に着付けた場合はもっと帯が余り、その余った分で飾りを取るのに
このやり方の方がやりやすいでしょうとちょっとアレンジした方法を教えてもらうことに。

まず立矢の羽の部分にゴムを通したれ先で5つ山ひだをつくりゴムに通して固定
緋扇の結び方


たれの残りの部分を2つに割るようにひだを取ってゴムで固定
緋扇の結び方


手先でも5つ山ひだを取り帯締めで巻いてたれで作った飾りの上にゴムで固定
緋扇の結び方


完成。
前回習ったものとは扇の位置が変わりますがこれでも良いそうです。
緋扇の結び方
スポンサーサイト

緋扇(ひおうぎ)

2008年03月18日 17:11

今回の着付け教室は立矢系の緋扇(ひおうぎ)を習いました。
着物コンサルタントなど試験に出る結び方なので必ず覚えるようにとのこと。





緋扇の結び方まず柄止まりが脇にくるようにまきます。<br />結構この長さの調整が難しいです。
緋扇の結び方2度結んで結び目の下にタオルを差し込みます。
緋扇の結び方たれ先で箱ひだをつくり結び目を通し、輪になったたれで建屋の羽をつくり枕を当てます。
緋扇の結び方手先で5つ山ひだを作り枕の上に乗せたれ先で作った箱ひだをかぶせます。
緋扇の結び方たれ先でも5つ山ひだをつくり帯締めで2回巻き込むようにして止めます。
緋扇の結び方形を整えて完成。



上の写真は学院長のお手本で下は自分で練習したものです。
ひだを綺麗にとらないと出来上がりも上手くいかずなかなか難しいです。
学院長は簡単そうにひだを寄せていくのですがこれがなかなか・・・。
緋扇の結び方

着付け教室 お太鼓の復習

2007年11月15日 16:54

今回の着付け教室は和裁と他の時間のクラスも一緒で
ものすごく混んでいたため前回までのお太鼓の復習。

名古屋帯での普通のお太鼓は問題なくできましたが
肩掛け結びをしようと思ったら
あれっ、どうやるんだっけ??とすっかり忘れていたため
もう一度教わり途中経過も写真に残すことに。
肩掛け結び 肩掛け結び 肩掛け結び
まず手を長めにとってふた巻きして結ぶ。
手を左右に出すようにして先を肩に掛けるように置く。
手先はひだにしても良いし巻いてもOK。
あとは普通にお太鼓を作る。
右側の輪になった手はお太鼓の折り返しで押さえずに
膨らませるように形を整えて完成。
こうしてmemoっておけば次回はできるかな。

二重太鼓
その後は袋帯での二重太鼓を教わりました。
日本和装で教わったのは結ばずに後ろでお太鼓を作る方法ですが
この教室は前結びなので二重太鼓も
2回巻いて結んでから結び目の上に枕を載せて
垂れの長さをあわせてからお太鼓を作ります。
前で結ぶほうが柄はあわせやすいかな。

お教室の後は近くの中華料理屋さんで餃子定食。
妊婦でも食べ物の好みが変わることもなく
何でもバクバク食べてます。
餃子定食


その後日本橋の問屋さんから華織りの帯が入ったと
連絡をもらっていたので見に行くことに。
写真を撮ってくるのを忘れましたが
帯はあわせやすそうで値段もかなりお買い得でしたが
今は出産も控えているのでお買い物も控えておくことに。
他にも手の込んだ刺繍の帯などを見せてもらい目の保養をしてきました。

着付け教室 名古屋帯でお太鼓

2007年10月31日 17:56

今回の着付け教室は前回に引き続き名古屋帯でのお太鼓です。
まずは前回の銀座結び、角出し、十文字太鼓を復習してから
肩掛け結びとみすず太鼓を習いました。

肩掛け結び
これは肩掛け結びでカジュアルな結び方です。
なので前回のブログでも書いたようにひだを取る場合は
箱ひだではなく同じ方向にひだを取るようにします。

これはみすず太鼓名古屋帯でも唐織や金、銀の糸を使っているような
高級な名古屋帯を付け下げや訪問着に合わせる場合に
帯の格を上げる結び方でひだはフォーマルな箱ひだをとります。
みすず太鼓
みすず太鼓は普通のお太鼓よりも見た目にかわいいので
してみたいけど、そういえば高級な名古屋帯なんて持ってなかった。。
だいたい付け下げや訪問着なんて着る機会もないし・・・。
これは練習だけで終わりそうです。

着付け教室 名古屋帯

2007年10月15日 19:07

今回の着付け教室はまず前回の復習で
十文字太鼓銀座結び角出しをひととおり。

十文字太鼓はちゃんと覚えていたけど
銀座結び角出しはあれっ?どうやるんだっけと
結局もう一度教わりました。
教室で習っただけだとすぐ忘れちゃいますね。
十文字太鼓 銀座結び 角出し
左から十文字太鼓銀座結び角出しです。
角出しはひだを取ってアレンジしてみましたが
箱ひだは本来ふくら雀など正式な結び方向けなので
カジュアルな角出しには不向きということです。
ひだを取るなら真ん中に1つか同じ方向に2つ取るのが良いそうです。
まぁ本来は・・・ということなので
そんなに気にしなくても良いようですが。
結構ルールがいっぱいありますね。

復習をした後は神楽結び(じんらくむすび)を教わりました。
帯が重なって垂れて歩くとひらひらとゆれて可愛らしい結び方です。
割と若向けな結び方だそうなのでもう無理かも・・・
と思いながら習いました。
覚えて1回くらいは結んで出かけたいなぁ。
神楽結び

着付け教室の跡は毎回近くのお店でランチをして帰っていますが
今回は女性専用喫茶店というのに入ってみました。
中には水槽がたくさんありパワーストーンも売っていて
癒しの空間をイメージしているのかなぁという印象ですが
女性ONLYなのでおしゃべりの声でうるさかったりもします。。。
シラスピラフを頼んだのですが想像とかなり違う
おしゃれっぽいものが出てきました。
味はシラスと梅で結構おいしかったです。
しらすピラフ

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。