スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の着物 網代の雪駄 出来上がりました

2006年11月26日 01:11

この間馬喰町の問屋さんで注文した網代の雪駄が出来上がったと連絡があったので受け取りに行ってきました。

鼻緒を付けるだけなのになんでこんなに時間が掛かったんだろうと思ったけど、特に急いでいたわけではないので問屋さんはこんなものなのかなと思うことに。

出来上がりには特に問題もなく、注文するときには網代の台と鼻緒が別々になっていて鼻緒の白い紐の部分が目に付いて白っぽいイメージになっていましたが、なかなか渋くていい感じです。
ついでに足袋を買おうと
汚れが目立たなくて良いという裏も黒い足袋をと思ったけれど
黒いのは置いていないとのこと。
裏も黒いのを探して買おうと思ったけれど手に入らない場合に備えて
裏の白い黒の足袋を1足だけ買ってきました。
網代の雪駄網代の雪駄 裏網代の雪駄 履いたところ
こんな雪駄です。なかなか渋くてかっこいいでしょう。裏は革でできてます。足袋を履いて雪駄を履いてみました。



コメントで革底の雪駄を履く場合のアドバイスをいただきましたのでこちらにも転記させていただきます。(勝手に引用してすみません。)
もし、革底の雪駄を買った初心者の方がご覧になっていましたらご参考にしてください。

昔と違い道路事情が良くなったので本革底の雪駄は滑りやすいのでご注意ください。特に駅や階段、大判のテラゾータイルで舗装された歩道が要注意です。
ある程度使うと底が傷になって滑りにくくなりますが、新品のうちは慣れないと滑って転ぶ人がけっこう多いのですよ。
あと注意すべきなのは水に濡れると完全にアウトです。乾かしても、もう履けません。
まちがっても雨の日は絶対に履かないようにしましょう。


転ばないように気をつけて大事に履いてもらおうと思います。

スポンサーサイト

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。