スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緋扇 (復習)

2008年03月30日 22:05

今回の着付け教室は前回習った緋扇の復習です。

記憶をたどりながら自分で結んでみましたが合格点はもらえず。
最近の帯は長めだし、練習で使用しているボディーは同周りが74cmあるので
実際に人に着付けた場合はもっと帯が余り、その余った分で飾りを取るのに
このやり方の方がやりやすいでしょうとちょっとアレンジした方法を教えてもらうことに。

まず立矢の羽の部分にゴムを通したれ先で5つ山ひだをつくりゴムに通して固定
緋扇の結び方


たれの残りの部分を2つに割るようにひだを取ってゴムで固定
緋扇の結び方


手先でも5つ山ひだを取り帯締めで巻いてたれで作った飾りの上にゴムで固定
緋扇の結び方


完成。
前回習ったものとは扇の位置が変わりますがこれでも良いそうです。
緋扇の結び方
スポンサーサイト

緋扇(ひおうぎ)

2008年03月18日 17:11

今回の着付け教室は立矢系の緋扇(ひおうぎ)を習いました。
着物コンサルタントなど試験に出る結び方なので必ず覚えるようにとのこと。





緋扇の結び方まず柄止まりが脇にくるようにまきます。<br />結構この長さの調整が難しいです。
緋扇の結び方2度結んで結び目の下にタオルを差し込みます。
緋扇の結び方たれ先で箱ひだをつくり結び目を通し、輪になったたれで建屋の羽をつくり枕を当てます。
緋扇の結び方手先で5つ山ひだを作り枕の上に乗せたれ先で作った箱ひだをかぶせます。
緋扇の結び方たれ先でも5つ山ひだをつくり帯締めで2回巻き込むようにして止めます。
緋扇の結び方形を整えて完成。



上の写真は学院長のお手本で下は自分で練習したものです。
ひだを綺麗にとらないと出来上がりも上手くいかずなかなか難しいです。
学院長は簡単そうにひだを寄せていくのですがこれがなかなか・・・。
緋扇の結び方

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。