スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着付け教室 お太鼓の復習

2007年11月15日 16:54

今回の着付け教室は和裁と他の時間のクラスも一緒で
ものすごく混んでいたため前回までのお太鼓の復習。

名古屋帯での普通のお太鼓は問題なくできましたが
肩掛け結びをしようと思ったら
あれっ、どうやるんだっけ??とすっかり忘れていたため
もう一度教わり途中経過も写真に残すことに。
肩掛け結び 肩掛け結び 肩掛け結び
まず手を長めにとってふた巻きして結ぶ。
手を左右に出すようにして先を肩に掛けるように置く。
手先はひだにしても良いし巻いてもOK。
あとは普通にお太鼓を作る。
右側の輪になった手はお太鼓の折り返しで押さえずに
膨らませるように形を整えて完成。
こうしてmemoっておけば次回はできるかな。

二重太鼓
その後は袋帯での二重太鼓を教わりました。
日本和装で教わったのは結ばずに後ろでお太鼓を作る方法ですが
この教室は前結びなので二重太鼓も
2回巻いて結んでから結び目の上に枕を載せて
垂れの長さをあわせてからお太鼓を作ります。
前で結ぶほうが柄はあわせやすいかな。

お教室の後は近くの中華料理屋さんで餃子定食。
妊婦でも食べ物の好みが変わることもなく
何でもバクバク食べてます。
餃子定食


その後日本橋の問屋さんから華織りの帯が入ったと
連絡をもらっていたので見に行くことに。
写真を撮ってくるのを忘れましたが
帯はあわせやすそうで値段もかなりお買い得でしたが
今は出産も控えているのでお買い物も控えておくことに。
他にも手の込んだ刺繍の帯などを見せてもらい目の保養をしてきました。

スポンサーサイト

着付け教室 名古屋帯でお太鼓

2007年10月31日 17:56

今回の着付け教室は前回に引き続き名古屋帯でのお太鼓です。
まずは前回の銀座結び、角出し、十文字太鼓を復習してから
肩掛け結びとみすず太鼓を習いました。

肩掛け結び
これは肩掛け結びでカジュアルな結び方です。
なので前回のブログでも書いたようにひだを取る場合は
箱ひだではなく同じ方向にひだを取るようにします。

これはみすず太鼓名古屋帯でも唐織や金、銀の糸を使っているような
高級な名古屋帯を付け下げや訪問着に合わせる場合に
帯の格を上げる結び方でひだはフォーマルな箱ひだをとります。
みすず太鼓
みすず太鼓は普通のお太鼓よりも見た目にかわいいので
してみたいけど、そういえば高級な名古屋帯なんて持ってなかった。。
だいたい付け下げや訪問着なんて着る機会もないし・・・。
これは練習だけで終わりそうです。

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。