スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本和装 きものジュニアマスター検定

2007年03月27日 11:20

日本和装のきものジュニアマスター検定
を受けてきました。

今回がはじめての検定ですが全国で2000人が申込をしたそうです。
自分も受けていながら日本人は検定好きというのは本当だな
と思います。

会場に着くと雨の中着物で着ている方もチラホラ
東京は市谷の外堀沿いにある会場で
桜が咲いていればなかなかの景色が見れたはず
という絶好の花見ポイントでしたが
残念ながらまだ花は見られませんでした。

さて、試験では
既に問題用紙、解答用紙のおいてあるテーブルに
受付順につめて座っていくことにまず驚きましたが
試験内容も問題数がわずか20問弱で
最後の問題が感想を書けというものであったり
わずか15分くらいで終わってしまい
この試験を受けにわざわざここまで・・・。
とちょっと拍子抜けでした。
スポンサーサイト

基本形の立矢と文庫結びを習う

2007年03月26日 11:00

先月から通い始めた有料の着付け教室ですが
教室の雰囲気も良く、いろいろな帯の結び方を習えるので
だんだん通うのが楽しみになってきて、
朝から着物を着て張り切って行ってきました。

この教室では帯の基本結びを
お太鼓、ふくら雀、後見結び、文庫立矢の5つとしていて
まずこれらを順番に習っていきます。

今回は前回までの復習でふくら雀を結んでみて
一応結べるということで次の立矢文庫結びを習いました。
よく振袖姿に結んでいるのはアレンジした物が殆どなので、
基本形を目にすることはあまりなく
基本の結び方だとこんなにシンプルなんだと思うと同時に
帯結びは結構自由にアレンジしていいものなんだなぁと思うと
ちょっと創作意欲も沸いてきて楽しくなってきます。
でも今回は最初なので基本だけ。
立矢 文庫


午前中に帯の結び方を習い、
午後時間があれば帯結びのアレンジに便利な
花の飾りのついたゴムの作り方を教えてくれるということなので
お昼を食べてからまた教室に。
教室にたくさんある端布をもらい
裁縫道具も全部貸してもらって
教わりながら2/3くらいは先生に縫ってもらい完成。
このゴムを使うとアレンジも簡単だしゴムも隠せるし
華やかにもなるのでかなり便利です。
花の飾りをつけたゴム

本当は12時までのところすっかり長居をして2時半頃教室を後に。
今日は先週日本和装の夏物販売会の帰りに
いつものリサイクルショップで買ったウールの着物に
名古屋帯
をしてみました。
ちょっと帯と着物があってないかな。
ウールの着物


七緒 vol.9 収納大作戦

2007年03月24日 11:00

リサイクル着物で安いからとついつい買っていたら
引き出しがいっぱいになってしまい
どこにしまおうかと思っていたところ

七緒 vol.9が着物収納特集をやっていたので買ってみました。


着物は畳紙に入れて桐箪笥にと思っていましたが
たまに風を通して湿気がこもらなければ
プラスチックケースでもいいんですね。

とりあえずよく着るものとか
絹以外のものは防虫風呂敷に包んでおいておこうかな。

着付け教室(有料)ふくら雀アレンジ

2007年03月23日 11:00

今日は有料の着付け教室の第3回目。
前回教わったふくら雀を結んでみて
先生がチェックし、羽の片方をアレンジする方法を教わりました。

左が自分でアレンジしたもので、
右はそれを先生が手直しした物です。
自分で結んだふくら雀アレンジ 先生が直したふくら雀アレンジ
ヒダを均等にとったりゴムで根元の方を留めるのも
先生がやると簡単そうなのですが、
何気に難しく仕上がりにかなり差が出てきます。

これは帯締めを桜の形に結んだもので
外側の結び目を少し縮めて立てるようにすると梅になるので
季節に合わせて。ということです。
桜に結んだ帯締め


今回も和裁の教室と同時進行であわただしかったため
12時までのところ13時ごろまでいていいわよ。
ということでしたが、お腹が空いたので12時過ぎに教室を後に。

お昼を食べてから人形町で行われている
日本和装の夏物販売会に行き
帰りにいつものリサイクル着物屋さん下町おもしろ工芸館により
私にしては珍しく黒地の花柄の名古屋帯と
500円箱をあさりウールの着物を買ってきました。
う~ん。なんだか安いリサイクル着物ばかりが増えていく・・・。

最後にそういえばコーディネート写真とって無かったねということで
別れ際に荷物を抱えながら1枚。
着物友達hちゃんは無地の紬に花柄の名古屋帯、
黒地に刺繍の入った羽織のコーディネート。
h’sコーディネート

私はもう何回か登場しているいつもので。。。
myコーディネート

江戸老舗「味と技の大江戸展」

2007年03月22日 22:32

会社帰りに日本橋三越本店の
江戸老舗「味と技の大江戸展」を覗いてきました。

まだ3月なのに竺仙の浴衣用反物がどっさり展示してありました。
浴衣用といっても絹の絽や絹紅梅などがたくさんあり
いいなぁと思いましたが
超高級浴衣のお値段なので見るだけに。
でも絹紅梅の浴衣なんて洗えるのかな?
竺仙の浴衣

足袋が幅が細め、甲が高めなど細かく分かれたものが売っていたので
ためし履きしてぴったりだった22.5cm幅細めサイズを購入。
今まで白足袋はストレッチの物しか持っていなかったのですが
やはり白足袋は綿で伸びないものを
きちっと履くのが格好いいかなと思って・・・。

あとは和菓子もいろいろと売っていたので
桜餅と豆大福を買って帰ってきました。

日本和装 夏物販売会

2007年03月20日 12:27

日本和装の夏物販売会に行ってきました。
今回は今までのセミナーと違って
時間の指定がなく10時から16時の好きなときに行く方式。
そのため講義もなく問屋さんにつくと
2階から4階まで山のようにある商品を好きに見てくださいとのこと。

スタッフが少ないので勧められることがなく気楽だけど
反物を着物風に巻いてもらえないので
ちょっとつまらないなぁと思い(買わないくせにずうずうしいですね)
仮縫いしてある紗合わせの訪問着を羽織ってみました。

紗合わせはお店でも見たことがなく一度見てみたかったので
良い機会になりました。
うっすらと透けた柄が涼しげで高級感漂って素敵!
と思いましたが気軽に買えるものではないので羽織るだけに。

夏物以外にも帯が山のようにあったり
とても全部見て回れる量ではなく
さすが問屋さんと思いましたが
長襦袢のコーナーでは
間違いなく長襦袢をこんなにたくさん
一度に目にすることはないだろう
と変に圧倒されてしまいました。

いつものごとく何も買わずに
お茶コーナーで桜餅を頂き
お土産の刺繍半衿をもらって帰ってきました。


着付け教室 ふくら雀

2007年03月12日 11:00

2回目の有料の着付け教室に行ってきました。
実際に行ってみるまで何をするのか全く分からないのですが
道具類はなければ貸してもらえるので
とりあえず着物を着て紐とクリップだけ持って行きました。

まずは前回の復習で半幅帯結び。
余ったたれで適当に花を作りましたが
簡単にゴムでとめるだけですが先生がやるのとは
見栄えが結構違います。
半幅帯の結び方復習

その後袋帯でふくら雀の結び方をざっと習い
自分でやってみましたが、はねが大きくなりすぎました。
右は先生がアレンジした羽のひとつで花を作ったバージョンです。
これもゴムを使いささっと簡単にまとめるでけです。
実際自分でやるとなかなか上手くいきませんが・・・。
自分で結んだふくら雀 先生の結んだふくら雀 花バージョン

今日はこのふくら雀の結び方と
半襟があまり出ていなかったので長襦袢の着方を教わり
ふくら雀に結んでいた帯を二重太鼓に結びなおして終了。

帰りに船橋東武のハゲ天でお昼を食べてきました。
1200円のセットですが揚げたての天麩羅を少しずつ出してくれるので
あつあつが食べられてgoodです。
船橋東武 ハゲ天ランチ

家に帰ってからもう一度ふくら雀を結んでみました。
前で結んで無理やり後ろに回し着物は着崩れてます。
そしてやはり羽が大きくなってしまいました。。。
家で復習したふくら雀


日本和装きもの一日大学 紬編

2007年03月10日 11:00

日本和装きもの一日大学編に参加してきました。
前回の京友禅の回の千葉会場は
私たちのグループ以外は洋服での参加でしたが
今回は着物の方も多く参加者も25人くらいで前回よりにぎわっていました。
日本和装きもの一日大学「紬編」きもの一日大学「御召編」のときと同じコーディネートですが
今回はちゃんと帯揚げを表裏間違えずにしてきました。
写真だとどちらでも分かりませんが・・・。
手のポーズは先日TVで観た体から少し離すを実践してみました。
手開いてるしおはしょりめくれてるけど・・・。


いつものように講義は30分程度だけですが
なかなかお店には置いていないを見ることができ
結城の糸をつむいでいる方が実演をして
実際に絹をわた状ににした真綿から糸を引き出して
唾液で固めて糸にするという貴重な体験をさせてもらいました。
おばあちゃん曰く
「大変だけどこのやり方で重要無形文化財指定をされてしまったから
変えられないのよねぇ。仕方ないね。」とのこと。

見せてもらった珍しいには
これはバリバリしてとても着られるような感じではなかったけど
最初に無形文化財指定をされた芭蕉布
というバナナの葉を繊維にして織った沖縄の紬。

薄くて軽くシャリシャリしている夏に気持ちよさそうな
最近は希少な反物となってしまった新潟の麻織物の越後上布。
などなどありました。

実際に販売している物は
牛首紬が豊富で38万円くらいで訪問着を売っていました。
そのほかにも大島紬の訪問着が15万円とか
帯も3万円くらいのものからあり
今までのセミナーと比べるとお買い得な感じ?
会計待ちができるほどたくさん売れていました。

ただいつもセミナーの時は
値札に6桁くらいの数字が書いてあり
その数字の端を無視して残った数字を2で割ってとか
読み方を教えてくれたのですが、
今回は1人の問屋の社員に聞かないと教えてくれない。
こちらはいろいろ見て値段感覚を養いたいのに
いちいち聞いて、しかも最初に言った価格から値切って、
やっと売値が分かるような仕組み。
これは結構うっとうしかったです。
問屋だからすぐにわかる値札がついていないのは仕方ない方思うけど
もうちょっとなんとか・・・。

でも高くて手が出ないような紬をいろいろ羽織ってみたり
今まで避けていた黒地の着物も着てみると意外といいかもと発見もあり
楽しませてもらいました。

もう春だからなのか単や薄物も多く
今までの袷中心の品揃えとはちょっと違って
シャリ感のある物や透けた感じのものなど
独特の風合いのものも多く夏物はさらにはまりそうです。。。

花飾りつき帯揚げの結び方

2007年03月08日 11:00

着付け教室で教わった
帯揚げで花を作って結ぶ方法です。

帯揚げ結び方に決まりはないので自由でいいそうですが
飾りは体の左側にするというルールはあるそうです。
なんでも右側には武器を持ち左は敵意の無さをあらわすとか・・・
詳しくは覚えてません。。。

帯揚げの端を屏風だたみにして
3回くらい端からくるくる巻き
残りを屏風だたみにしてさらに巻いてゴムでとめます。
帯揚げで花をつくる 帯揚げで花をつくる 帯揚げで花をつくる


これを体の左側にさして完成です。簡単ですが結構可愛いでしょう。
帯揚げで花をつくる

有料の着付け教室に通い始めました

2007年03月08日 11:00

日本和装の無料着付け教室に通ってから着物にハマリ
もうちょっと勉強したいなと思っていたら
着物友達が有料に着付け教室に通い始め
話を聞いてみると
前結びでいろんな変わり結びを教えてくれ
料金も月2回で2000円なので一緒に通ってみることに。

教室に行くと聞いてはいましたが
運営はかなりアバウトなようで名前を聞くこともなく
こちらから言わない限り料金の徴収もされず・・・。
でも先生はやさしく人が良さそうで楽しく通えそうです。

とりあえずボディを出して半幅帯の結び方を教わりました。
帯結びにはルールはないから好きにすればいいのよ~。と
角出しの変形のような形に余った手先やたれを
飾りのついたゴムでまとめ花やリボンを作ります。
自分でもやってみたものもこんなにたれが余ってると
もったいないでしょう。と言ってヒダをとってゴムでまとめ
どんどん華やかになっていきます。
写真は帰ってから復習した2種類の結び方です。
半幅帯の角出し 半幅帯の角出し

着物着付けは補正をすると太って見えるでしょう。
劇痩せの人くらいしか補正はいらないのよ。
紐もたくさん使うと苦しいでしょう。と言って
タオルも腰パッとも外し、腰紐や伊達締めも本数を減らして
教わったように着てみると確かに一回り細くすっきりし
楽になりました。
でもタオルを巻かないと汗が気になるのでタオルだけは巻こうかな。

最後に帯揚げの結び方を教わりました。
これも決まりはないので自由でいいのよと
花を作る方法です。
→結び方はこちら
これを体の左側にさして完成です。簡単ですが結構可愛いでしょう。
帯揚げで花をつくる

日本和装きもの一日大学「京友禅」

2007年03月06日 11:00

日本和装きもの一日大学 京友禅編に行ってきました。
前回の御召のときは東京の会場で参加者も60人くらいと
非常に多かったのですが
今回は千葉の会場で15名くらいのこじんまりしたものでした。

今日は午前中に新しく通い始めた着付け教室だったので
荷物にならないよう早起きして着物を着ていきました。
おうちフリマで買った帯をしようと前夜に芯を入れていたら
4時までかかり超寝不足状態です。
日本和装きもの一日大学京友禅編 日本和装きもの一日大学京友禅編


講義は京友禅の講義というよりは
ひたすら商品の宣伝という感じでした。
一刀彫の職人さんが来ていて実演を見られたのは
貴重な体験と思いますがこれも京友禅じゃないですよね。

一刀彫というのはセリシンを取り除く前の生糸で
通常の柔らか物の反物よりも細い糸で縦糸を3段にして織った反物の
縦糸だけをリッパーのような特殊な刃物で切り模様を描くもので、
切った部分がビロードのようになり
染めるとビロードのようになった部分が深く染まり
絵が浮き出るというとても手の込んだ高価なものです。

とても高価なものなので買うことはできませんが羽織らせてもらうと
細い糸で織られているため柔らかくツルツルして肌触りがとてもよいものでした。

いろいろと商品を触ったり羽織ったりしましたが
良い物でも高価なのでやはり何も買わず。
お茶とお菓子だけいただいて帰ってきました。

今回も割りと年配の方が多く
一刀彫の高価な着物がいくつか売れたようです。
この帯に合う着物が欲しいと持参の帯で仮着付けをしていたのが
すごーく素敵だったので羨ましい視線を送ってきちゃいました。

日本和装のセミナーやイベントは
お金持ちの方には高級な着物や帯が一度にたくさん見られる
とても良い機会になっているようです。
あまり資金のない私達は良い物を見分ける目を持ち
高価なものを持っている人を大いに羨ましがり、褒め称え
彼女達の満足感を高めることに徹しようと決意。
なので何も買わない私達にも
このままいろんなイベントに参加させてもらえるよう
日本和装にお願いしたいです。

日本和装マナー教室

2007年03月04日 11:00

日本和装の無料マナー教室に参加してきました。
平日の夕方だったので定刻には間に合わず40分くらい遅れての参加。
席は私の分を残して全部埋まっていたので
平日でありながら出席率100%のようです。

講師はスッチー風の
黒いスーツにスカーフをして髪をきりっとアップにした方で
明るく楽しい講義でした。

内容はお茶やコーヒーのいただき方や
年賀状や封書の書き方。
熨斗袋の使い方など実践的で
こんな理由があったのねとうなずくことも多く
日常に役に立つ内容でした。
こういう講習をしてもらえるのは嬉しいです。

今回は本当にマナー教室だけで
何かを販売するということは特にありません。

講義の後は近くの居酒屋へ。
メンバーは着付け教室で知り合い
よく一緒に出かけている4人。
結構頻繁に会っていますが夜飲むのは初めてです。
11時過ぎまで楽しくお喋りしながら飲んでました。
大人になってから新しい友人を作るのはなかなか難しいですが
日本和装の無料着付け教室に通ったおかげで
こうして仲良く出かけられる友人ができたことが
教室に通って一番良かったことだと思っています。
みなさんこれからも宜しくお願いします。

無料プチ和裁教室

2007年03月02日 11:00

人形町の問屋さんに行った帰りにたまたま寄った
リサイクル着物屋さんの下町おもしろ工芸館で無料プチ和裁教室に参加してきました。

裁縫道具はお店で用意するから着物だけ持ってくればいいよ
という言葉を真に受け本当に着物だけ持っていったら
他の参加者はみんな道具を持ってきていました。
手ぶらでいいよと言ったオーナーは京都人らしく
京都人は言葉と腹が違うというのは本当なのかと思いましたが
一緒に聞いていた着物友達hも持ってきていたので
こういう場合ちゃんと持ってくるのが常識なのでしょう。反省。

周りの人に道具を借りながら
リサイクルで買った裄の短いコートを裄だしすることに。
先生は優しく親切にそして自分で着る物だから大雑把でもいいのよ
とおおらかに教えれくれました。

先生の人柄のせいかとてもアットホームな雰囲気で
既に何回か参加している方がコーヒーとお菓子を買ってきてくれて
しばしお茶とお喋りに興じ
1時間の予定の教室は数時間に及ぶものになりました。

和裁教室でお茶をして和む 夢中で針を進める着物友達h プチ和裁教室の先生と


コートはぬいしろが少なかったため少ししか裄だしできませんでしたが
自分に合わせて仕立てた着物の上に着ても
短さが許容範囲内となり、後日あった日本和装の鎌倉イベントにも
コートを着ていくことができました。
hさんも先日このお店で買ったウール着物の裄を出し
ちゃんと自分サイズの着物として着られるようになりました。

今までリサイクル着物だと裄の短い物が多く
気に入ってもあきらめることが多かったのですが
自分でお直しできると選べる範囲もひろがり
着物ライフもぐっと楽しくなりそうです。
実際鎌倉のリサイクル着物屋さんでは
2人ともどのくらい裄を出せるかなぁと
着物を明かりに透かしてみたりしてました。

とても役に立つ楽しいお教室でした。

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。