スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふくら文庫、花文庫

2008年02月04日 20:59

今回の着付け教室は文庫のアレンジで
ふくら文庫と花文庫。

まずふくら雀と文庫を合わせたふくら文庫から
手を長めに取って2回結び
たれで平仮名の「み」を書くようにしてたれの先を
3つ山半のひだをとり手先も3つ山のひだを取りお太鼓にする輪の中に入れる。
ふくら文庫

枕をお太鼓の中に入れる。
ふくら文庫

お太鼓部分を箱ひだにしてたれを作り完成。
ふくら文庫

花文庫はふくら文庫とほぼ同じで
下になる羽を大きく取り上の羽はお太鼓の上におき
基本の文庫と同じようにお太鼓を膨らませずに巻くと花文庫になります。
花文庫

いつも結び方を習っても次の教室のときには忘れてしまうことが多かったけれど
こうやってブログに結び方を書いているだけでも頭の中で復習になり
ちょっと記憶が持続する気がします。
本当は家でも練習すればいいんですけどね・・・。

この日の装いは大島紬と染めの名古屋帯。
大島紬は先生のお母様が織ったものを無料でもらってきたからと
格安で譲ってもらったもので、
名古屋帯は先生に着物の生地を頂いて帯芯代だけ払って
教えてもらいながら自分で縫ったものです。
大島紬

大島紬

先生に儲けようという気が全くなく
いろいろと小物を頂いたり反物も破格の値段で
譲ってもらったりして悪いなぁと思いつつ
甘えてしまっています。
スポンサーサイト

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。