スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長襦袢の洗濯 洗ってみました

2006年11月10日 00:42

日本和装着付け教室で先生教えてもらった「ハイベックS」と「ハイベックE」を使って長襦袢を家で洗濯してみました。
→ 着付け教室での先生の話はこちら
ついでにカシミアの厚地のショールと薄地のショールも一緒に洗いました。

ハイベックS(スペッシャル)/ハイベックE(エマルジョン)
→ ハイベックの詳細、購入はこちら

長襦袢をネットに入れる

長襦袢をたたんでネットに入れて



↓↓↓
長襦袢を洗濯機で洗う

洗濯機にハイベックSを溶かし
ネットに入れた長襦袢とショールをそっと入れ、
15分洗濯機は回さずに漬け込み



↓↓↓
5秒脱水→すすぎを2回繰り返す
↓↓↓
長襦袢を干す

お風呂に長襦袢とショールを干す




結果は横幅は縮まなかったけれど縦は縮みました。
長襦袢を洗う前と後の計測結果


洗う前の長襦袢のアップ

こんな感じで図ったのできっちり正確な計測ではないけれど身丈が124cm→121cmで3cm。袖丈が48cm→46cmで2cm程縮みました。




洗濯後の長襦袢のアップ

洗ったあとはうろこ模様が洗う前よりも少し凸凹になりました。




一緒に洗ったカシミアのショール2枚はどちらとも縮むことなく仕上がりもふっくらしてかなり良い仕上がり。
先生曰く「1日漬け込んでおいても大丈夫よ」ということだったので今度白いものを洗うときは長く漬け込んでみようと思います。
カシミアの薄地ショール カシミアの厚地ショール


長襦袢は少し縮んだけれど毛羽立ったりはせず痛んだという感じはしませんでした。
もともと余裕を持って仕立ててあり、丈をもう少し長く縫い直すこともできるので、今シーズンはこのまま家で洗いながら着て、単の着物に変わるころに袖丈だけ長くしてくれるところを探そうかなぁと思います。
身丈はちょっとくらい縮んでも気にしない気にしない。

肌襦袢を着てタオルも巻いても結構汗をかき長襦袢もかなり汗を吸っているだろうと思うので、毎回洗えると気分すっきり。
長襦袢だけでも洗えると思うだけで着物も少し気軽な気がしてきます。

この間フリーマーケットで1000円で買った紬も洗ってみたくてうずうずしてるのですが、さすがに袷の着物は辞めといたほうがいいかな。。。

ムートンも洗えるということだったので去年買ったラビットファーのジャケットも洗えるかと思いメーカーに質問したら毛皮系はムートンだけでラビットはダメだそうです。残念。。。

スーツやコートも洗えるそうなので今度試してみます。洗ったら結果をアップしますね。

スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kimonostyle.blog80.fc2.com/tb.php/25-da92790a
    この記事へのトラックバック

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。