スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の着物

2006年11月11日 23:29

この間秋の新作展示会に行った日本橋の問屋さんに頼んでいた男物の着物が入ったと連絡があったので夫を連れて行ってきました。

紬のアンサンブルと長襦袢角帯を仕立て代込みで予算10万で(ちょっと安すぎ?)とお願いしていたのですが、いくつか見せてもらっているとやっぱり良いものが欲しくなってしまうんですよね。
結局、伝統産業マーク付き百亀甲の大島紬にしました。予算はかなりオーバーしましたがこのお値段で買えるなら絶対こっち!というくらいの料金でした。
男物の紬いろいろ 手書きの羽裏

羽裏は手書きのものでこれなら落ち着きがあって年取ってもずっと着られるよというものを選び、裏地も紬が紺なので裏も紺が一般的だけどこんな色もお洒落だよというグレー掛かった薄い緑のものにして、半襟も黒の鮫小紋のものに。
角帯は紺の手織りのもので高価なものだけど結ぶと見えなくなる部分にちょっと日焼けができてしまったのでということで割り引いてもらいました。
最初の着物だし低料金で無難な紬のアンサンブルをと思っていましたが、なんだか人に自慢できるくらいのお洒落な一生ものの着物になりそうで、夫もご満悦。

他にも深みがあって豪華な振袖と着物の反物と帯が数点飾ってありました。大体1ヶ月くらいの間には売れて商品が入れ替わるそうです。
豪華な振袖 反物と帯


着物の反物を切って半襟したものを見せてもらっているときに「いいなぁこれ」と言っていたら「あげるよ。」ということでちゃっかりもらってしまいました。これは私用です。
江戸小紋の半襟


採寸してお店を後に。
仕立て上がるのが楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

  1. ちょー | URL | -

    Re: 男の着物

    素敵な着物が出来上がりそうで、楽しみですね♪
    旦那様とのお出かけも楽しくなりそうですね☆

    私も一緒に着物着てくれる人見つけようっと!!(笑)

  2. yoppinyan | URL | -

    Re: 男の着物

    ちょーさん
    艶やかな着物姿で落としてください。

    夫まで着物が好きになると私の着物が買えなくなるので
    ほどほどにさせなければ・・・

  3. C.C | URL | tBARM7eE

    Re: 男の着物

    はじめまして。
    時々楽しく拝見させていただいております。
    ご主人に大島を奮発されたそうですね。
    私も初めての着物に女房が泥大島を奮発くれましたが、実際にはあまり着る機会がなくて普段は木綿とウールを着ています。
    利点としては
    ①.価格が安く普段使いが出来るので着こなしの練習になる。
    ②.家で洗濯できるので、初心者も安心して着れる。
    ③.普段から着物に親しんでおくとイザと言う時に高い着物でも自然に着こなせる。
    ・・・と言う訳で、是非普段用に木綿の着物も買ってあげてください。
    私の場合、普段は襦袢を使わずに黒のTシャツとステテコの上に着物、家や近くのコンビニ程度への買物ならこれで充分です。
    あとは大島を着てお二人でお出掛けになる機会をたくさん作れば夫婦円満です。
    ただし欠点として次から次に着物が欲しくなりますが、それは私の責任ではありません。

  4. yoppinyan | URL | -

    Re: 男の着物

    C.Cさん
    コメントありがとうございます。
    やっぱり洗えないとどうしても特別なものになっちゃうので
    木綿の着物で家で洗濯というのはいい手ですね。
    手ごろなものを探してみようと思います。
    でも、夫も着物好きになってしまったら我が家の財政状況は非常に苦しくなってしまいそうです。
    夫は浴衣好きくらいでとどまってくれるといいのですが・・・

  5. C.C | URL | tBARM7eE

    Re: 男の着物

    着物にお詳しいようなのに、お節介なコメントを失礼致しました。
    蛇足と知りながら、書き忘れたことがありましたので、もう一度だけ書込みさせていただきます。

    ご存知だと思いますが、木綿の着物を誂える場合は「湯通し」が必須ですが、それでも洗濯すると3センチ程度身丈方向に縮みます。
    男の着物は「おはしょり」が無いので予め縮むことを想定し長めに仕立てて置くと良いでしょう。
    仕立ては洗濯を考えて単衣にし、それも浴衣仕立てなら安上がりです。
    私の場合、木綿の着物なら1枚の予算は30000円以内と決めてます。

    もうひとつ究極の技を書いておきます。
    もし2枚目の木綿の着物を作るなら、1枚目より裄、丈、身頃を2分(約7ミリ)づつ小さく誂えます
    こうすると単衣の長着の二枚重ねが可能で、寒い日に袷が無くてもお洒落に着れます。
    もちろん色・柄は二枚重ねを想定して誂えると良いでしょう。
    これは男のキモノ専門の某有名モデルさんから教わった上級テクニックです。
    では、これで失礼します。

  6. yoppinyan | URL | -

    Re: 男の着物

    C.Cさん
    アドバイスありがとうございます。
    4月に着付け教室に通いはじめてから興味を持つようになり調子に乗ってこんなブログ書いていますが着物初心者です。
    コメントいただけるのはとてもうれしいです。

    木綿の着物の仕立て方法は是非真似させていただきたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimonostyle.blog80.fc2.com/tb.php/26-3c3b1c2a
この記事へのトラックバック

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。