スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小宮 康孝 江戸小紋展

2006年12月07日 23:37

早く帰れたので会社帰りに日本橋三越へ。
呉服売り場をふらふらと歩いていると
小宮 康孝 江戸小紋展が開かれていました。
開かれていたといってもほんの1坪くらいのスペースに
江戸小紋の反物がずらっと並んでいるだけですが。

定番の鮫小紋や角通しではなく
細かい桜の花びらが霰のように散っているものとか
ものすごく細かい菊入亀甲とかが並んでいて
江戸小紋もいろんな柄があって楽しいなぁと思って見ていると
男性の店員さんがやってきて
人間国宝の小宮さんの作品です。
お茶をされる方の間では誰もが知っているというくらい有名で
よく小宮さんの作品はどのくらいでありますかと
問い合わせがあるくらいです。
江戸小紋ならこの方が最高峰でしょうと説明してくれました。
小宮 康孝さんのプロフィールはこちら

江戸小紋はそれぞれの工房で独自の染料を使っていて
この小宮さんの作品は30年経っても色が焼けず
本当に代々受け継いで着られるそうです。
伊勢型紙も一人の職人さんはたいてい1つの工房にしか提供しないそうで
小宮さんは白生地も最高の物を選び抜き
型紙職人さんも本当に満足のいくものを作ってくれる人と組んでいるそうで
普通に売っている江戸小紋よりはかなり高価なものですが
気合の入った職人が作っているすばらしいものですとのことです。

30分くらい説明していただきましたが
買わせようというような態度は一切なく
よくいいものだから、この人の作品を買える機会はないからと
強引に進めてローンを組ませる呉服屋さんがあるけれど
三越ではそういう売り方はしてません。
高価なものなので気に入ったものがあり本当に欲しいと思ったら
そのときに買っていただければと思ってますとのことでした。
気軽に見られていろいろと説明してもらえるお店はいいですね。

12/11(月)までだそうなので興味のある方はお早めに。

スポンサーサイト

コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kimonostyle.blog80.fc2.com/tb.php/42-ce7a2df0
    この記事へのトラックバック

    -

    管理人の承認後に表示されます

    最近の記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。