スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本和装ワンモア教室 11回目

2006年12月20日 00:30

日本和装ワンモア教室 10回目に行ってきました。

今日は前回同様に袋帯の結び方とお手入れの話。

最初の15分くらいは着物お手入れについての話。

絹の着物で何度も洗いに出したほうが良いものは結城紬だけ。
それ以外の着物はできるだけ水につけないほうが良いので
水につける機会を減らすために全体に汚れていたり汗がひどくなければ
シーズンごとに丸洗いに出す必要はなく汚れている部分だけを部分洗い
に出すのが良いそうです。
たくさん汗をかいたときには汗抜きというのもあるらしいです。
染みをつけた場合も絞ったタオルで叩いたりせずに乾いた布やティッシュで拭き悉皆屋(しっかいや)など専門家へ。
洗うときにも悉皆屋へということです。

悉皆屋とはなにかとWEBで調べてみると
京都で分業で作られている着物を顧客の意向を聞き
白生地から選び染め職人を選び完成までプロデュースし
着物の手入れ全般も請け負う職業というような説明がありましたが
今では着物お手入れ屋さんといったところなのでしょうか。

悉皆屋にも良し悪しがあるということですが
自分ではどこがいいのかわからないので
汚してしまったり汗が気になったら自分が着物を買った
呉服屋さんで一番信頼できそうなお店に相談するのが良さそうです。

そのほかには着物をしまうときには重ねるのは3枚程度にとか
着物とゴムの小物は一緒に入れないようにとか
防虫剤は違う種類のものを一緒に入れないようになど。

その後は袋帯の結び方。
独りで黙々と3回くらい結んで終了。
ふ~。疲れた。。

スポンサーサイト

コメント

  1. ちょー | URL | -

    Re: 日本和装ワンモア教室 11回目

    お手入れの話も知りたい事ばかりだもんね。
    人に寄って話が違う事もあるので、信頼できるお店や人に教えてもらうのが一番じゃないかと思います。

    ところで、私もブログ初めてみました。
    実は、着付教室始めた頃に書こうと思いたってIDを取得したもののそのまま放置していた物を、このブログに触発され?開始することにしました!
    私は、めんどくさがりですぐ辞めてしまうかも・・・と思ってまだ誰にも言ってません・・・(苦笑)
    その前にHPも作るだけ作ってアップせずにデスクトップに放置されたままなので、いつまで続くかわかりませんが宜しくお願い致します。

  2. C.C | URL | tBARM7eE

    Re: 日本和装ワンモア教室 11回目

    こんなに何度も教室に通うなんて、女性の着物は大変ですね。
    今朝の日経流通新聞に某大手呉服チェーンから成人式向けに来店した母親が着る「中高年向けの振袖」を強化販売する、という記事が出てました。
    母と娘では帯の結び目を変えて提案するそうですが「中高年向けの振袖」って聞いたことがなかったので腰を抜かさんばかりに驚きました。
    女性向けの着物って奥が深いのですね・・・

  3. yoppinyan | URL | -

    Re: 日本和装ワンモア教室 11回目

    ちょーさん
    ブログ拝見しました。
    これからもお出かけして一緒にネタを作りましょう。
    HPもぜひupしてください。

  4. yoppinyan | URL | -

    Re: 日本和装ワンモア教室 11回目

    C.Cさん
    何度も通っていますが新しく習うことはそれほどなく
    復習で練習している時間が大半なのですが
    着付け教室で練習することが着物を着る機会になってる方が多いので習いに行かないと忘れてしまうのです。
    でも男の着物は楽ですね。夫はサライの特集見てちゃんと?着てました。
    「中高年向けの振袖」は初耳です。驚きです!!
    売れているのでしょうか。
    私としてはそんな突拍子もない物を作るより
    格がどうとか細かいルールをなくしてほしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimonostyle.blog80.fc2.com/tb.php/51-ba6dae63
この記事へのトラックバック

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。