スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣鴨&六義園散策

2006年12月26日 00:29

着物友達と巣鴨へ行ってきました。



別珍足袋防寒対策に別珍の足袋を買おうと巣鴨地蔵通商店街へ。
駅につくなりものすごい人込みで何事かと思ったら、4の付く日は縁日?が開かれるそうで決してクリスマスイブだから賑わっているわけではないようです。
お参りまずはお参り。
お線香は灰に立てるのではなく投げ入れるようです。
巣鴨地蔵通商店街商店街の入り口で記念撮影。
おばあちゃんの原宿というだけあって本当に周りはおばあちゃんでいっぱい。商店街で売っている小さく畳めるナイロンリュックを背負っている人がたくさんいました。
巣鴨地蔵通商店街 リサイクル着物古着の着物のお店も出ていました。
安いけれどあまりにごっちゃに山積みになっていて見るのが大変なのでちらっと見て立ち去りました。
巣鴨地蔵通商店街 鴨丼お腹が空いたので商店街のお店でランチ。
鴨丼 1500円。おいしくなかった。お勧めしません。




六義園ランチの後で六義園(りくぎえん)へ。
駅から10分くらい歩きますが充分に足を運ぶ価値ありです。
入園料300円を払い庭園内を散策。
羽織っているショールは別珍の生地が格安で手に入ったので自分で作ってみました。(四角く縫うだけなので簡単)
六義園 つつじ茶屋へ紅葉の季節も終わり花も咲いていないためか園内はすいていて、先ほどまでの商店街の喧騒がウソのようです。
つつじ茶屋という明治年間、つつじの古木材でつくられたという建物へ。
六義園 つつじ茶屋の中つつじ茶屋の中から。
柱や梁がつつじの木をそのまま整形しないで使ってあり、ちょっとトトロな感じです。
六義園 絶景藤代峠こんなところを草履で歩くなんてと由美かおるになったつもりで小高い峠へ。
息を切らして上りきると先客の外国人の方に笑われてしまいましたが、なかなかの絶景ポイントです。
六義園 お茶屋さんで歩き回って腹ごなしもできたので茶店で和菓子とお茶を。
景色を眺めながらほっと一息ついているととても優雅な気分になれお勧めです。
桜やつつじ、紅葉など季節ごとの季節が楽しめるようなので今度はぜひ花の季節に行ってみようと思います。


クリスマスディナーさて、クリスマスイブなのに夫をほったらかして遊びに行き、歩き疲れて電車でウトウトしながら帰りましたが、夜はちゃんと?クリスマスディナーっぽいものをつくりました。アクアパッツァとゴルゴンゾーラのパスタです。
スポンサーサイト

コメント

  1. C.C | URL | tBARM7eE

    Re: 巣鴨&六義園散策

    六義園に行かれたのですね。
    我が家からも、電車で10分程度なので何度か散策に出かけました。
    禅寺系の寺院庭園は一種の緊張感を伴いますが、江戸・大名庭園は長閑な風情が感じられます。
    若い頃は日本庭園の良さなんてまったく分からなかったのですが、長じるにつれ気持ちが落ち着きます。特に六義園は周りに高い建物が少ないのが良いですね。

    クリスマスには縁の薄い我が家なので特別な晩餐ではありませんでしたが、食後には鶴屋八幡のクリスマス仕様?の和菓子が出て来ました。

  2. yoppinyan | URL | -

    Re: 巣鴨&六義園散策

    C.Cさん
    本当に年をとるとものの見方、感じ方が変わってきますね。
    小さいころ我が家では上野の公園で花見をしながらケンタッキーを食べるのが定番で、完全にケンタッキーの方が楽しみでしたが、最近は混雑を避けて朝7時くらいに花だけ見て帰ってきたりするようになりました。
    中学の修学旅行で行った京都も今行けばまた全く違う印象なんだろうなと思ってしまいます。

    和菓子の季節感は和のものだけではないんですね。
    六義園の茶店で頂いた和菓子もツリーとサンタの形でした。

  3. C.C | URL | -

    Re: 巣鴨&六義園散策

    確かに京都の面白さを楽しむには、ある程度の年齢の積重ねや教養がある方が味わい深いものがあるのでしょうね。
    私は10年ほど前に仕事の都合で1年ばかり京都に住んでいたことがあります。
    おかげで、休日にはアチコチ散策したり、お寺まわりを楽しむことが出来ました。
    特にこの時期、京都の「かぶら蒸し」の味が恋しい季節です。

    機会があれば、是非ご夫婦で行かれると楽しいことだと思います。もちろん着物で!

  4. ちょー | URL | fwkSvwQ6

    Re: 巣鴨&六義園散策

    二人とも同じ記事?だけど、やっぱり自分の書いたのとは違いますね!
    それも楽しいわ。
    ちゃんとディナーも作ったなんてすごいわ~。
    私も電車ではウトウトして帰りました。
    ありがとう。楽しかったわ♪

  5. yoppinyan | URL | -

    Re: 巣鴨&六義園散策

    C.C さん
    来年は夫婦で京都に行ってみようと思います。

    ちょーさん
    写真も交代で撮ったから同じアングルのが多いね。
    こちらこそ誘っていただいてありがとう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kimonostyle.blog80.fc2.com/tb.php/52-86373471
この記事へのトラックバック

六義園

六義園 六義園(りくぎえん)は、東京都文京区本駒込にある都立庭園である。''ろくぎえん''は誤読であるので注意。5代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保の下屋敷に、柳沢吉保自らが、和歌の世界を庭園で表現しようと設計、開園させたものである。平坦だっ

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。